ブログ

よそ者・若者?・バカ者

2020.07.09

目の前にある古い物や事は、よそ者・若者・バカ者でなければそれを壊して新しく作っていくことはできないとずーっと思っていた。

最近ちょっと違うな、と。

実は、長岡店は今の場所に4回目の移転でオープンして10年以上経ちました。周りはどんどん変化しています。あっという間に『店』は過去になっていきます。それを何とか魅力あるものに変化させるには『店』だけの問題ではなく、『店』を取り巻く環境にも手を入れていかなければならないと思い、初めて地元の不動産屋の社長にお世話になり、土木工事の会社にお世話になり、板金屋のお兄さんのお世話になりと、地元の業者さんとのつながりができて、今まで見えていなかったものが少し見えてきたり、地元の考え方、捉え方を自然と理解できるようになったことで、よそ者だが若者ではなく、バカ者ではあるが、地元の協力を得ることで新たな挑戦ができそうに思う訳です。

ですから、よそ者・若者・バカ者だけで物事は上手くいかないなぁとつくづく感じています。

大切なのは、最初は今までを壊す事からスタートしなければ何事も始まらない。そういう意味ではよそ者は周りを気にしない。バカと言われても気にしない、それくらいでなければ無理だとも思う。

失敗して、失敗して、さらに失敗、その先に少し光が差すかなぁ。

© Copyright 2017 S.H.S All rights Reserved