社長ブログ

社長ブログ

1/2の見方2017.10.21


他の人の欲に釣られて自分の欲を追っている場合がある。冷静に考えれば、『基本的』な欲はもう満たされている。たまに我々の商売は、生活者に『余計』な欲を掻き立てることをしているのではないかと考えるときがある。

物を作る、作った物を売る、それを届ける、どんどん満たされていく。しかし、もっと欲しいという無限の欲に応えるために、全ての人が仕事に携わっている。経済の成長が全てを解決するかのように、成長率2%とか3%とか、経済が成長すれば幸せになるという。でも、経済は手段でしかない。

今、その経済の流れに振り回されているかもしれない。逆に成長しなくても、量を半分にしたら必然的に『内容』に目が行くのではないか。量とスピードに圧倒されない生活をしたいもんだ。

将来は誰も予想できない。夢を持つことは大切だが、楽観的に考えない方がいい。ITというバーチャルに、リアルな店舗が脅かされている。これから先は、今までの50年が5年で変化してしまう。

『計画的に』ローンを組んでも、『計画』は『予想』の上に立っているので、必ずしも思った通りにはならない。一寸先は闇だと考えた方がいいような気がする。

非常にネガティブですが、おそらく世の中の90%の経営者はネガティブだと思います。私は反省しなければならないことがあるとすれば、売上げが半分になったらという考え方をしなかったということ。1/2の考え方は、もの凄く大切なような気がする。

収入が半分、この発想したくないでしょう。けど誰もが前向きな時、あえて立ち止まって考えることが、足が地に着いた充実した人生になるし、もっと深く楽しめる生活になるかもしれない。

極端に物事を考えてみる。すると、そこに発見がある。そう信じている。


  • シェア

  • グーグル+

アース・トゥ・ウエアから考えること2017.10.20


服や家具をはじめとする物は、限られた地球の資源からできている。

長く着たり、使ったりすることの大切さを見直す必要がある。車もガソリンを使わない方向で開発が進む。

S.H.S内のヴィンテージアートショップが、意外と若い人に関心を持たれている。世の中のデジタル化に対する反動かもしれない。

大きな流れに対し、立ち止まって見つめ直すとおかしいことも沢山ある。

『アース・トゥ・ウエア』プロジェクトを三陽商会が打ち出した。我々は『アース・トゥ・ファニチャー』かな?

家具業界の中で一部、”100年後のアンティーク”をスローガンに製造している会社がある。ウォールナット材が主で、価格も高い。独自性もあり評判も良い。すると、それを”真似て”安く作るメーカーが出てくる。売れるとなると、これでもかこれでもかと、低価格を武器に拡大する商売は、地球の資源なんて考えていたら成り立たないくらい、拡大・成長という名の下、売上げを伸ばそうとする。会社経営の基本でもある、ここにも2つの考え方の板挟みが生まれてくる。

人間の社会は自然が大切と言いながら、真逆な行為をするのも事実である。だから悩む。出来ればすっきりとさわやかで、誰からも後ろ指を差されない生き方をしたい。しかし無理である。

せめてスローガンを掲げて、『アース・トゥ・ウエアあるいは、ファニチャー』を意識しながら営業活動をする。

これが今なのかも、悩むよね。


  • シェア

  • グーグル+

流行よりも定番を見よう2017.10.17


あふれている商品、あふれている情報。より複雑化していく今、トレンドを追う、変化に対応する、生活者の求めている物、などと流れに乗ることがもういい加減限界にきているように思う。

特にファッションは半年で過去のものになる。移ろいやすさが魅力、それが購入する動機になった。プロパーで売る期間がもの凄く短く、あっという間に70%OFF。

生活者からすれば、定価で買うことへの抵抗がもの凄く強い。こんな業種に成り下がったのは、業界自身が招いた『もっともっと売上げが欲しい』、『安くすれば買うだろう』的な考え方が、自分で自分の首を絞めてしまった。これはファッションだけでなく、全ての小売業に問われることだと思う。

あえてトレンドを作らない、時が経ても変わらない物を売っていく、鳥屋野店の仲間の商売、そして商品。意外とベーシックで、昔から当たり前にあったブランドが根強い人気であり続けているように思われる。

本当は昔も今もこれからも、正直で嘘をつかない仕事をする。これってすごく難しい。目的のためなら”まあ、いいか”って自分に都合よく生きるのが人間の常である。

こう厳しくなってくると、『嘘も方便』も通用しないのかもしれない。人は許さなくなった。お互い様精神も薄くなった。もちろん、絆なんて大きな災害の時だけ大切だと言う。日常の暮らしは、物も情報もあふれかえっているのに満たされないストレスが溜り、何かの拍子に爆発してしまう。

もう一度、今あるものに目を向けてみよう。そこには大切なことが沢山あるように思う。


  • シェア

  • グーグル+

中小企業10社あったら、10通りのドラマがある2017.10.15


池井戸潤のドラマが始まる。私も読んだ『陸王』という小説。彼の小説はほとんど読んでいる。

何が面白いか、それは中小零細企業の経営者と、家族と社員と、銀行の物語だからです。時には自分と重ね、涙が止まらない事もあります。

大に対し小が挑戦し、何度も何度も挫折しながらも、次第に薄かった人間関係が濃くなり、喜びや苦しみや達成感を皆で共有していく。

中小零細企業の生きるヒントや、気付を与えてくれる。フィクションではあるが、勇気が湧いてくる。

私達の仕事の仲間も、一つのドラマで他人がまねできない仕事を、この仲間だったら簡単にやってのける。これが本当の仕事で、言われたからやる仕事とは天と地くらい違うんだということ。

人は一生打ち込んでみたくなる仕事に出会うことが幸せだと思う。


  • シェア

  • グーグル+

もう一度、仕事の基本を考えよう。2017.10.13


私達は家具を販売し、配達をして修理をします。私達にとってこれは3つの基本で、自社社員が責任をもって実行します。

修理に関しては、一部職人さんにお願いします。販売と配達は100%自社社員です。特に配達は大変な仕事で、外部に(委)依託しようかと思った時もありましたが、届け先でお客様の喜ぶ顔を見られるのは、届けた時しかありません。生活の道具としての家具販売は、売場でのお客様の表情よりも、ご自宅で納品時のお客様の表情は我々にとって本当に良かったと思う。安心と仕事へのやりがいと、もっと喜んでもらえるにはどうしようか、という思いが強くなる。

世の中、効率化やアウトソーシング等々いかに”むだ”を略き、利益の追求がビジネスの基本のように言われるが、誰もが嫌がる事や見向きもしない事に目を向けてやり続けていくと、誰もやれない領域になっていく。そして、『最高だね!』と言われる。私はそう思いたい。

スポットライトが当たらなけらば、当たるくらいとことんやろう。仮に当たらないとしても、誰かが喜んでくれる。それでいいじゃないか。


  • シェア

  • グーグル+

カテゴリーキラーを殺すAmazon、その次は誰がAmazonを殺すのか2017.10.10


50年くらい前、新潟にダイエーが出店し、ジャスコが出店し、大きく小売の世界が変わった。その時はまだ町の商店街は、スーっと出て、パーっと消えるのがスーパーだと、たいして気にも留めない状態だった。だが車社会の中、あっという間にその存在は当たり前になり、多くの支持を得て拡大していった。しかも郊外に巨大なショッピングモールが次から次へとできていき、滞在型に変化している。

それと同時にトイザらスの進出により、カテゴリーキラーと呼ばれる一つの部門に対し、殺人的な価格破壊で拡大する小売業が生まれてきた。そして店舗を拡大し、価格の安さを武器に日本の流通を変えてきた。

しかし今、アメリカのトイザらスが破綻し、多くのカテゴリーキラーが苦戦をしている。その原因がAmazonに代表されるように、イーコマースの拡大がその背景にある。

Amazonがカテゴリーキラーのキラーだと言われている。こうして小売業の歴史を振り返ってみると、たった50年の間に品揃えと便利さと価格だけであれば、多くの小売業はイーコマースに飲み込まれる。

馬車からT型フォードに変わったように、もう元には戻らない。人間の欲望が様々な革新的なシステムを作っていく。だから商店街という馬車に税金を使う。行政はナンセンスであり、時代の変化に対応できない。

そもそも商店街は個店の集まりで、その店一つ一つが誰もがまねできない魅力があるか、もしくは時間をかけて魅力を作る覚悟があるかを問われている。

私はこれから主流となるイーコマースと戦う。リアルの店舗が支持され続けるのは価格破壊ではなく、『好きだ』と言われる。これからの商店街を若い人達と作っていきたい。補助金という血税を貰ってやる仕事ではない。自分が好きで始めた仕事に、他人の払った税金を貰ってやることに恥ずかしさを感じないとすれば、自分だけが幸せになりたいと思っている『野心』でしかない。

私も70歳近くになって少しわかってきた。世界の動き、止めることはできない。でも、何とかできることもある。

それが”トヤノネイバーフット”と”高畑スモールステイ”だ。


  • シェア

  • グーグル+

『好きだ』と言ってもらおう2017.10.8


お客様も私達も、モノ余りの時代に入って、商品やサービスの実質的な価値が上がっても、個性化が進み、多様化に対応しきれなくなっている。

特別なことが特別ではなく、魅力的なことが魅力的ではなくなっている。

高品質に、もう一つ情報を載せて、メッセージしないと、もう響かない。

正しいとか、正しくないとかではなく、『好き』をどうつくるか。

『わかった』で終わらせないで、『好きだ』と言わせるには、どうしたらいいか。

物から事って簡単に言うけど、凄く難しい。

売るために、稼ぐために、勝つために、という発想が崩れて、競争から関係をつくるには、どうしたらいいのかが大切になった。

そして、『豊かさ』ではなく、『幸せ』を求めている。私は難しくて、わからない。

しかし、1%の人に『好きだ』と言ってもらうことはできるかもしれない。


  • シェア

  • グーグル+

らくではない毎日を楽しむしかない2017.10.7


思うように行かない時、松浦弥太郎の”しごとのきほん、くらしのきほん100”を読む。

今日は売上げがいまいち、そんな時、売りものは自分、何を作るのでも、何をするのでも、何を売るのでも、みんな同じです。仕事で大切なのは、自分という人間を信用してもらい、自分という人間に価値を見い出してもらうこと。『ものを売るより、まずは自分を売れ』とは、使い古しの言葉だけれど、それだけに真実です。

信用さえしてもらえればどんな仕事でもうまく行くでしょう。

断定していないから、これが一番難しい。永く続けないとダメだし、読んだり、書いたり、考えたり、話したり、過去も今も明日もそこには人にしかできない、人だからできる本質がある。

自分との戦い、死ぬまで続く生き方があることを幸せと感じることにしよう。


  • シェア

  • グーグル+

人は常に板挟み2017.10.3


目の前にある全ての物は、顔の知らない誰かが作ったものです。

学校を卒業して社会に出ると、24時間のうち半分以上仕事をする。そのことで社会ができている。自分も仕事をするが、他人の仕事に囲まれて生活している。

その他人達の仕事は、私達に何を伝えようとしているのか?

もう経済成長や拡大が、人を幸せにするとは限らないことは理解できる。倫理的に正しいとか、環境にやさしいと言っても、安さを求める生活者に対し、これでもかこれでもかと安さをアピールし、コストの安い国で大量に作り、大量に売っていく。

『日本人の給料高いから、日本じゃ安い物作れない。でも社会には貢献している。』と呼びかける。私達も、もしかすると言っている事と、やっている事が矛盾していることもあると思う。

これは一つのものから発せられる、相反する2つのメッセージが生まれ、人は常に板挟みになっていく。

今、社会の色々な場面に存在している。だからこそ精神的な安心とか、癒されたいとか、要は『満たされる』ということがすごく大切だと思っているのではないか。

自然に人が癒されるのは美しいからだけではない。そこには『嘘』や『ごまかし』が一切ないからだと思う。

田舎は自然を味方にする。都会の真似をしても満たされない。

思い切り単純でシンプルで、嘘がない。

それが『いい仕事』であり、『いい人生』かもしれない。

断定はできないけどね。


  • シェア

  • グーグル+

夢の途中2017.10.1


夢を叶えるとよく言います。叶ったとき自分だけが幸せになる夢のことを『野心』といい、叶ったとき自分だけでなく、周りの人も幸せにすることを『志』と言うそうです。

会社を経営する人は1人ではできない、社員や協力者が必要。だから関わる全ての人を幸せにする『志』が大切だということが、少しずつ理解できるようになってきた。年を取ることがこういうことなのか、ということも分かってくる。欲しい物がだんだん少なくなってくる代わりに、社員との関わり方やつながり、互いの『志』。若い人たちの夢の実現に、どうやったらそれに近づくことができるのだろうという、道の途中のような状態が私にとって一番幸せなような気がする。

選挙が始まって、立候補者の『志』は、当選が『ゴール』という人が圧倒的に多いように思う。権力闘争だからしょうがない。投票したい人がいないというのは私だけだろうか。

我々を幸せにするのが『政治家』で、自分の選挙の当選しか頭にない人は『政治屋』と言われるように、我々『家具屋』は少なくとも『政治屋』よりも支持していただくために、生活者は何を求めているのか、どんなことに満足感を持ってもらい、買い物をしていただけるか、同じ『屋』でも、我々の方が上品なような気がする。

当選した日から、我々1人1人が貴方を支えている。だから我々のために働くのが政治家で『志』を持った人でもある。決して自分だけが幸せになろうとする『野心家』になってはダメだと思う。国のため、県のため、市のためも大事だけど、大きいことよりも小さいことに全力を尽くすことがどんな仕事でも大切だと思うけど、どうでしょう?

なんでも夢の途中が一番輝いている。と誰かが言っていた。

答えは、『必死だから』。


  • シェア

  • グーグル+