社長ブログ

社長ブログ

広告から狭く告げる2017.4.28


会社や店側からすると、自分達が扱う商品は『かわいい子供』かもしれない。大切な子供だと、社長はじめ社員達がそう思うのは”当然”である。そこで、例えば自分の子供を、他人に『すばらしい子供です。頭が良くて、気持ちは優しく素直な子です。どうぞ付き合ってあげてください。』と言ったら、相手はどう思うか。実際、そんな親あまりいないはずである。いたとしたら、嫌われる。

広告は、自分で自分の身内を褒める活動であると思う。だから、相当慎重に褒めないと馬鹿にされると思うけど、どうだろう。

物があふれている今、広く告げる行為は、以前とはどうも違う方法でないと嫌われる可能性が高いのでは?

パタゴニアのように、『もう買わないでください。今ある物を大切に使ってください。』みたいなキャンペーンの方が、そのブランドが低価格を武器に商売を考えていない。提供する商品そのもののクオリティーも含め、確かな信頼性を訴えていく会社のように思われる。ものすごく勇気がいる。拡大するビジネスではなく、哲学的な考えや生き方を1人、また1人と、少しずつ理解していただく時代かもしれない。

それと店の立地を考えてみる。ストリートやスペースは、時代と共に変化していかなければならない。人口が減っていく時代、ネガティブな事だけではない。

その場所の歴史や特徴、どんな人が住み、どんな事が変化して今に至るのか。ようは振り返ること。もっと細かな事を見つめる。すると、緑や公園があるなど、散歩を楽しめるような景観や空間があり、買い物以外の来街価値を備えていることがものすごく多くあると思う。

活性化というのは、目の前にある『時』と『場』を編集していくことだと思う。


  • シェア

  • グーグル+

これだけは人に負けないという強み2017.4.25


似たような品揃え、似たような店のつくり、どこにでもいるようなスタッフ。これで小売業は成り立たない。

物が売れなくなったのは、物がない時代から、物を作れば誰でも売れた時代。そして『高度成長期』、作れば売れた時代から、家中を見渡しても無い物が『ない』。

広告やCMを流しても、そんなに売上げに影響しなくなった。SNS、フェイスブック等で興味のある『物』や『事』にしか反応しない。

ならば、経営者の個性や考えをそのまんま表現したり、『絶対、これは他人には負けない!』という分野を作らないと残れないかもしれない。

とことん掘り下げて、他を捨てるという生き方しかないかもしれない。

本当に難しい。


  • シェア

  • グーグル+

世の中は不公平だらけ2017.4.18


昨日、久しぶりに国道116号線を車で走ってみた。特に小針十字路から寺尾にかけて、大型・中型の空店舗が多くなったように感じた。

30年くらい前は、色々な店が通りを活気あるものにしていた。時代と共に新しい通りがどんどんでき、もっと便利に、もっと豊かに、大きなショッピングモールは通りを嫌い、広大な田んぼを開発し、大きな町を造ってしまう。若い世代は新しい便利な場所に家を造り、保育園ができ、学校もでき、今までの賑わいのあったストリートより、『面』である新しい商業モール、そして楽々と車を駐車でき、1日居ても楽しい場所がつくられていく。当然、過去のストリートより、ニュースペースの方に人は動く。この事は止めることはできない。

そして、116号線で商売をやっていた人は、さびれていく通りに見切りをつけ、新しい場所へ移転するか、廃業するかの選択をした人も多いと思う。商人は自己責任で行動するものだと思う。さみしいけど現実を受け入れて生きていくしかない。

私が違和感を感じるのは、『なぜ市内の中心部の商店街だけ特別扱いするのか』ということ。しかも、血税を使って補助金を出してまでそれをやるのか。先程の116号線沿には、昭和50年代に家を建て住み始め、今60代・70代の人も多い地域ではないだろうか。世代を超えて住んでいる人が多い場所でもある。町は商店街だけのためにあるわけではない。未来は予想できない。今更スモールタウンなって云ったって、不動産が一番大きなお金を動かすわけだから、この先も止まることはないと思う。

あっという間にゴーストタウンになる。人口が減っているから、拡大して開発すればするほど、ゴーストタウンは増えていく。商店街を再生するための補助金にはもの凄く違和感を覚えるのは、私だけではないでしょう。

生活者が安心して暮らせる社会にお金を使うほうがいいに決まっている。

商人は自己責任で生きるべし。


  • シェア

  • グーグル+

こうしてはいられないという心の動き2017.4.17


チーム力とか、集団で活動することによって、ある程度のところまで行けるけど、限度は3~5年。そのうちわかった”ふり”をしてしまう。

『チーム力』とかいうけれど、集団主義だけに頼ると、わかったふりをする人が増えて、最終的には一定のレベルで止まってついていけなくなる。群れから離れ、一人で読む・書く・考える。何度も何度も、それを繰り返す。

そして、自分が経験してきた失敗から学んだことを、そして、感じたことを後輩に受け継ぐ。その受け継ぐ場所があるだけで、人の心は孤独ではなくなる。

人は『継承・継続・維持』という本能があるそうです。チーム一丸という言葉も空気言葉になっていくのかもしれない。個が強く生き生きとすることによって、チーム全体も力強くなる。

当たり前のことが一番難しい。


  • シェア

  • グーグル+

経営者と社員2017.4.15


私は小さな小売業の会社を、社員と一緒に運営している。好きで始めた仕事でもある。そして、社員が1人増え、また1人増え、今30人の社員と仕事をしている。経営者と社員は一緒に生きているが、大きな『違い』がある。経営者は、強くて厳しくなければならない。それは、会社が小さくても当たり前だと思う。なぜならば、会社の借金の保証を行い、個人資産を担保に入れている。つまり、会社を潰せば、家も財産も失う。

経営者には地獄があるが、社員にはない。しかし、社員が経営者的な感覚を身につけなければ残っていけないと誰かに教わったことがある。

今、こんなに不景気な時代に、ワークライフバランスという考え方を否定はしないが、仕事の本質は、景気が良かろうが悪かろうが、変わることのない基本があるような気がする。勉強が嫌いな子が専門学校や、地方の大学に入る必要はないように思う。本当の『学び』は、仕事の中にある。特に厳しい環境からしか本当の『学び』はないと思う。誰だって、楽(たの)しく・楽(らく)して、収入が多い方が良いに越したことはない。でも、そうはいかない。つらい事から逃げないで、挑戦することも人生で一番大切ではないだろうか。

厳しい世界にしか『プロフェッショナル』として生きれることはないと思う。

経営者として大成功された方は、高級車や高級住宅を得ることはよろしいかと思います。社員が誇りに思ってくれれば、それはそれで幸せでしょう。

私は真逆ですので、それができない。どんな考えや生き方をするにしても、私は私の身の丈がある。人にはそれぞれの考え方がある。小さいからといって恥じることはないと思っています。でも、私は努力が足りないという反省はいつもしています。物事ってそんなもんじゃないですか?

必要とされなくなれば、大きかろうが小さかろうが、世の中からなくなるということです。


  • シェア

  • グーグル+

便利で簡単、安くて早いその先に何が見える2017.4.13


日本の魅力や地方の魅力は、風景や歴史的なものも大切です。実は目に見えない日本人の気質が世界から見たときに一番魅力的だそうです。

たとえば、細やかな気配り、心遣い。私達はどんなにネットが拡大しても接客という世界で生きていきたいと思っています。たとえ大きくなれなくても、小さい事、そこで残っていきたいと思っています。あえて『おもてなし』などと言わないでいい。無形の日本の財産である人を幸せにする接客で失われつつある、日本の価値みたいなもので生きていきたい。

ただ、世の中はその逆に進んでいる。その代表的なライフスタイルが、スマホ依存という現実、バス停・歩きながら・エスカレーター・エレベーター・食事の時・デートの時・車の運転、様々な場所で携帯の画面に集中するあまり、周りの状況や、場の雰囲気に配慮しない人が増えている。会釈したり、一言だけ声を掛けるような場面は、日々の生活の中で多くある。少し頭を下げるだけで人間関係は潤うはずである。『絆』とか『つながり』だとか、コミュニケーションを大切にしようという掛け声ばかりが聞こえるが、現実の生活の中には、今まで当たり前に存在した人と人の日常のつながりが、『IT』という技術革新で壊されていく。原子力発電という便利を選んだために、未来を失った人達がどれくらいいるだろう。ふるさとに帰りたくても帰れない人達がどれくらいいるだろう。もうそういう事、忘れたのかな。

便利の裏には、必ず人間の力ではどうにもできない『闇』がある。

もう、昔のように本当に『人』にしかできない、『人』がやならければならない仕事や、生き方をしないと、この先の幸せは無いかもしれない。

流れに流されていくことの恐ろしさを教えなくなった世の中も恐ろしい。人間の力ではどうにもできない物を、人間はつくってしまったのかもしれない。

ちょっと難しいと、『もうやらない』こんな若者だらけになったらどうするの。

でも、逆にそうじゃない若者が1%くらいはいることを期待して、私はもう少し生きてみる。


  • シェア

  • グーグル+

自己中心から脱け出そう2017.4.10


そのための考え方と気持ち、私は常に流れに逆らっていますから、1%の人の共感を得たい。

まず、

・仕事をとことん愛そうよ

・以前より、輝きが増したねと言われようよ

・生き方に自分なりのストーリーをつくりつつある

以上、3つの事で絶対にあなたを『好きです』という人が存在すると思う。さらに厳しい環境であればあるほど、身近な小さな事で幸せを感じる自分かどうか。働く仲間だったり、家族だったり、ということ。

時には悪者や憎まれ役になってでも会社やチームのため、そして、支えてくれるお客様のために、やらなければならない事があると覚悟している自分がいるかとか、グローバルという世界ではなく、もっともっと小さく狭くとらえることも流れに逆らう生き方かもしれない。

難しいけど、日本人の価値観として当たり前で、カッコイイ生き方のような気がする。弱小企業が生き残るには、仕事よりプライベート優先という欧米化の方に流れる人ではなく、逆に否定する生き方があっても良いと思う。

収入の2倍の借金を抱えた国で生きていく、小さな事業は流れに乗ることの危険を動物的勘で生きていくしかない。

やっぱ、仕事が全てでしょう。と胸張って生きよう。これが今、少数派だからカッコイイということ、わかるかな~!

私が実は、究極の自己中人間でした。いい人ではない、皆に好かれたいわけではないということ。


  • シェア

  • グーグル+

あっという間に時代は変わるけど?2017.4.6


今、売手市場・ワークライフバランス・ブラック企業、等々、世の中の流れと『こうあるべき』というはっきりとした方向性を求めたがっていて、白か黒かを明確にしたい動きが強いけど、実は不透明だし、不条理だし、『こんなはずではなかった』という連続の中で、我々は今まで生きてきたし、生きていくものだと思う。

人工知能で仕事のほとんどがなくなってしまうのではないか。小さな子供を持つ母親たちも『子供には将来、人にしかできない仕事ができるようになってほしい』との声を聞いたという記事を読んでも、考えることは『こんなに便利でなんでも揃っていて、物質的には豊かになっているにも関わらず、不安は次から次へ生まれてくる』ということ。

自動運転が普及すれば、タクシー運転手は失業し、無料タクシーだって出てくるかもしれない。旅館も、保健所・消防等の営業許可を取るために時間と費用と気の遠くなるような設備投資をしなければならないが、民泊になるとそのほとんどが無しで済む。私も旅館業の営業許可を取ったとき『こんなに大変なのか』と実感しました。ですから、業界の方からすれば『ふざけるな!!』という事になると思う。革新的な事や、デジタルやテクノロジーというのは、無駄を省くことと、無駄な労働から人を解放する。そうすれば、もっと人間らしい豊かな生活が追求できる。本当にそうなるのかな?

何年か後に『あの時、売手市場だったよ~、ワークライフバランスってすばらしい考えだったよな~、ブラック企業なんて誰も仕事に行くわけないよな~』から、『今なんでもいいから仕事したい』と、あっという間に時代は変わるかもしれない。

お母さん、入れる大学に入学させるのではなく、10時間以上受験勉強する子供しか歴史ある大学に入ることはできないのは、昔も今もこれからも変わらない。逆に、もう一度、倉本聰の『北の国から』のドラマや本を読み、人間にとって大切にしなければならない考えと行動を明確にすることも、人工知能やデジタルが主流になっても、人間の尊厳はずーと変わらない。仕事も生き方も、時代の流れに乗らない本質は何かを追求することが、大切かもしれない。


  • シェア

  • グーグル+