社長ブログ

社長ブログ

権利と義務2017.2.28


若い頃、よく『権利と義務ということがわかるか。』と言われた。

これは、表と裏の関係で、どっちも表にも裏にもなる、切っても切れない関係だと思う。

最近は、権利がものすごく強く意識されているような気がするのは、私だけだろうか。義務を果たして、初めて権利が主張できると思っている。

保育園や幼稚園を造ることは、子供達の未来に対し、大人がしなければならない義務だと思っていたが、『そんな施設を造ったら子供の騒音がうるさい、建設を中止しろ!生活環境を守る権利がある!』と主張する。昔、考えられない事が、権利の名の基にまかり通る。

今の時代、国は国で平気で民間のやることに口を出す。働き方だの、休みの取り方だの、全国の”シャチョウ”と言われる人は400万人位だから、選挙の有権者は圧倒的にシャチョウ以外の人が多い。しかも、権利を主張する人が多くなってきたのは、『欲望』という名の『もっと、もっと』という心理。十分豊なのに、幸せや豊かさを感じない。佐藤愛子や、曽野綾子の本を読むといい。ウルグアイの元大統領ムヒカさんが、『本当に貧しい人は権利を主張し、もっともっとと欲望に走る人々。しかも、自覚がないから悲しい』と言っていたような気がする。

自己中心型社会、子供が少ないのは、これも一つの原因かもね。

人間は誰しも自己中。だから政治家さん、選挙の票なんて気にしないで、八方美人的な考えを捨てて、本当の義務とは何かを考え、実行する時が『今』だと思う。

難しいよね、昔はかっこいい大人がいたように思うけど、子供だったからわからなかったのかもしれない。

いつの時代も、たいして変わらないのかもな。


  • シェア

  • グーグル+

国がいちいち口、出すんじゃないよ2017.2.27


商売を始めて35年。たった35年前、『人が寝ているとき働き、休んでいるとき働かないと商売はうまく行かない』と言われ、金もなく、頭も悪い自分は、そう思って頑張ってきた。

その間に、バブルを見て、異常だと思い、その後、バブル崩壊とともに、ほとんどの業種が厳しい状態になった。あれから地方の人口はどんどん減って、法人収入が減って、消費税が導入され、3%→5%→8%と、どんどん上がっていく。

田んぼを埋めて、住宅がどんどん建つ。田んぼにしておくより、宅地にしたほうが、固定資産税という税金が取れる。決して景気が良くて家が建っている訳ではない。

中小零細企業も20年前は、60%が黒字。今は、20%ぐらいと言われている。この現実の中で、国をあげて『仕事をするな、もっと休め、金曜日は3時に帰って遊べ、そして金を使え』私は異常だと思っている。そもそも、国が民間の企業のやり方まで口を出して、『ああしろ』『こうしろ』と言うのは、時代を逆に戻すのか?

耳障りの良い事を言って、本当の厳しさを隠す。その先には、若者はいつまでも親に頼り、頼りがいがなくなれば見捨てる。

住宅ローンも35年というのも異常な長さだと、誰も言わない。

今こそ、他人が寝ているとき働き、休んでいる時に働かなかったら、自立できない。もう経済が伸びるとか、伸びないとか、どうでもいい。

誰も助けてくれない。流れを疑って、本質を見極める。

いいかい、

長時間働く『OK』、休まなくても『OK』。おれは人とは違う、人と同じには生きない。自分が納得する人生を生きる。20年後には、今、当たり前にある会社の半分がなくなると思う。

だから、いっぱい休みが欲しいなら、それもいいだろう、若さって何んだ。

いずれ30過ぎて、40になって、50を過ぎた辺りから、若い時『もっと勉強して、もっと働いて稼げば良かった』と思うはず。

 


  • シェア

  • グーグル+

理想と現実の中で生きてゆく2017.2.17


私どもが取引をしていただいている家具製造メーカーの中に、100年後のアンティークを目指すというメーカーや、10年保障を当たり前に掲げるメーカーがあります。

歴史も長いメーカーです。決して低価格の商品を武器に売上げを目指す事ではなく、適正な価格を維持し、工場で働く若い職人を育て、製品を商品としての価値、それを見い出してもらうため、必死になって取り組んでいる。

そこには、安さを武器に人件費の安い国で、大量につくり、大量に売るという姿勢はない。買って使う人の内面的な価値観で、どちらを選ぶかは自由です。

でも、あきらかに安さを武器に成長する先には、何があるのか。簡単に捨てる、また買う。『永く大切に使う』は、ないのではないだろうか。

歴史や文化やその国ならでは、という価値、実はものすごく大切な事であると思う。


  • シェア

  • グーグル+

1%を意識する2017.2.14


全体を見ることも大切ではあるが、特に我々のような小さな組織は、たった『1%』を意識することも大切だと思う。

人口が減っていくとよく言われるが、県の人口は 230万人、その1%は 23,000人。年間結婚組数 10,000件の1%は 100件。

決して少なくはない、大きな数字である。だから、1%にこだわる必要がある。

景気が良い悪い関係なく、『景気は景色』だと思えばよい。一文字違うだけでだいぶ違う。

真面目な人は、大多数の人を見がちであるが、私はちょっと違う、いや、だいぶ違うかもしれない。

1%の人々を見るようにしている。『1%の人』が、『1%の人』をとりこにするのはどうでしょう。

『小』が『小』に対し、思い切り熱を提供する。それでもだめなら、しょうがない。

小売業は、小さい商いの業である。


  • シェア

  • グーグル+

本当は理由などいらない2017.2.9


ネット社会の中で、リアル店舗が本当に必要だと思ってもらうのに、『努力』『前向き』『明るさ』『元気』『ていねい』等々は、もう最低限の当たり前になってきている。

店の立地の考え方、商品を仕入れたわけ、誰に・何を・どんな風に提案したいのか、ありえない事も少しつけ加え、理由などないけど、ついつい来てしまう店。

しかも、時間を忘れて過ごしてしまい、最後に買って帰りたくなる店。

そんな店にしていくには、その店の人が、他の店で働いている人と全く違う。細かい理由はないけど、また来たくなってしまう。

そんな店の人とは、どんな人。あえて商品のデメリットをちゃんと説明する。お客様にとって実は、デメリットは最大の特徴として、受け入れてくれる人もいることを忘れない事。良い所と、悪い所は、人も商品にも存在する。それでも、欲しいと思う理由がある。そこには満足を超えた感動がある。

だからこそ、リアルな店が残るには、本当は時代の変化に人は、どんな変化をし、何を幸せと感じるのか。自分も含め、人間への好奇心が全てではないだろうか。

スマホの中の小さな世界から顔を上げ、本当にリアルな人の表情を察知する必要があると思う。

50・60・70歳で、スマホ見て感じている人、想像ができない。今の若い人が50~70歳の時は、もう別の世界が待っているか?

でも『今』でしょう!!


  • シェア

  • グーグル+

何でもかんでも法律をつくる2017.2.2


最近の社会の流れ、凄く片寄って思える。

電通の若い女子社員の自殺から過労死の問題、そして残業時間の短縮。

国をあげて働く時間を短く、豊かで幸せな生活を目指す。非常に良いことだし、休みは多く、賃金は高く、精神的・経済的な幸せの追求は誰もが願うことだと思う。

私が片寄っているというのは、働く人の賃金を高くすれば、その結果、消費にも影響し、売れるようになる。でも、色々な不安がある今、果たしてそうなるのか。

現実はいかにコストを低くし、人件費の安い国で生産するかが当たり前の時代。

日本人はコスト高。価格競争や価格破壊が進み、ファッション・家具はもちろん、他の製造現場もほとんどが、東南アジアの人件費の安い国で造られている。

その為、日本の製造業の現場の人達は仕事がなくなり、その工場の経営者の廃業。

そして、自殺はほとんどニュースにはならない。

最後は資本主義だし、自由競争ですから、当たり前でしょう。

これからはIT革命ですよ。なんか矛盾していないか。

民間の大手で働いている女子社員の自殺はクローズアップされ、名もなき中小企業の倒産や自殺はしょうがない。

そして、安さを武器に全国を股にかけて拡大している大手、しかもネットという止めることのできない今の時代、日本で物をつくり、売っていく。

『メイド イン ジャパン』厳しいのは当たり前である。

単に労働時間を短くすれば、過労死には繋がらないが、中小零細はそんな簡単な問題ではない。

売れなければ『生活苦』が待っている。

そして、『死』を選ばざるを得ないことも起こるかもしれない。

この現実は、全部、我々生きている人間が選んだということ。

そして、我々に責任がある。

そして、物事には善のうらには悪があり、便利のうらには闇がある。

両極性があることを忘れてはいけない。

国がいちいち口を出す問題ではないかもしれない。

だって、助けてはくれない。

だとしたら、我が道を行く。そしてだめならしょうがない。

一番恐いのは、流れが一つの方向に動くことであり、マスコミも良い人ぶって異論をぶたない。

政治も経済も人の生活も、ほどんどが一強独裁的になっていくことが、本当の恐怖ではないか。

歴史はくり返されるのか、ジジィは火炎びん闘争世代なので心配である。


  • シェア

  • グーグル+