社長ブログ

社長ブログ

老舗を考えてみる2016.10.30


先日、本町茶寮 大橋屋様から創業150年のお手紙をいただき、改めて歴史の重さ、そして信頼という大切な価値、さらに次の150年に向けての前進、新潟を代表する料亭、又、長岡ではブログで書かせてもらう江口だんご様も100年を超える企業、一言でいうと老舗です。

明治、大正、昭和、平成と想像できないくらい長い長い歴史を生き抜いてきた企業です。

本店が全て、店で働く人々の雰囲気、一種独特な空気があります。経営者がどんなに時代が変化しても変えないものと事、そして時代の変化を読み取り、積極的に革新的に変わっていく姿は創業何十年しか経っていない私にとっては、ものすごく勉強になります。

小売業は、はかない商売であることは自覚しています。だからこそ、他の業種以上の努力と発想と、スピードが必要になっています。ヒーローは勝ってこそのヒーローです。勝つことの意味もだいぶ変化してきていますが、私は頭が悪いもんですから、負けるだったら勝ちたい。誰にでなく、自分にかもしれない。

老舗と呼ばれるのも一つの勝ちであり、ヒーローの姿かも知れない。

日本で100年以上続けている企業は、2008年度で全国に19,518社だそうです。全体の1.64% すごいよねー。

 


  • シェア

  • グーグル+

目の前の事があっという間に変わっていく。2016.10.22


小売の王様である百貨店の売上が、日本だけでなくアジアでも低迷しているそうです。いろいろな理由があるでしょう。

興味をもった記事は、アジアでは低迷を脱出するためにメイドインジャパンを打ち出し、以前のような好業績にもっていきたいということ。

じゃあ日本の国では、安い人件費を使って作ったファストファッションと、日本の国では作ることができない価格での小売業が拡大している。国内では、メイドインチャイナ、メイドインベトナム、次はメイドインアフリカ、その次は地球上に安く作るところは無くなるのか。

我々もいい加減気が付かなければならないかも知れない。適正な価格のメイドインジャパンを愛して、お金を払って長く使う。メイドインアジアよりも高い価格かも知れないけれど。言うのは簡単ですが、行うのはむずかしい。フェアトレードなんて云う前に、日本の物作りを再生する方が先だっつの。

私達も理想と現実の間で戦っている。

 


  • シェア

  • グーグル+