社長ブログ

社長ブログ

きれい事ときたない事2016.6.26


高い志があって今の仕事を始めたわけではないのですが、何度も何度も失敗すると自然となんとか道みたいなものが必要なんかなぁーと思ったりしたのが私です。

何かの本に1000人がヨーイドンと商売をスタートして10年続けられる人は1人か2人と書いてあると、そんなに簡単じゃないなと思ったりしながら、始めた時の熱が時間とともに下っていく自分も存在しました。

人間はみな似たり寄ったりです。事業を起こすというより商売をするという方が私らしいし、意外と商売はサラリーマンをするのと訳が違うことも気づくし、お金儲けをすることも簡単ではない。地域おこしや町おこしではなく、商売はお金儲けをすることなんだよね。時代が変わると耳ざわりのよいフレーズがどんどん発生し、なんとなく世の中に良いことや貢献している自分に酔ってしまう。商売は売上をつくって、儲けをつくって、自分と社員・スタッフが生活できる、これが目的なんですよね。ただ、選挙と同じで支持されないと会社も店も成り立たない。これが一番難しい。ずーっと続く挑戦。改ざんやうそなんてつけない、大きな力をもつと何でもできると思うのも人間なんだろうね。バレなきゃOKか。私も含め、人間って皆んな似たり寄ったり。あまり相手を非難しない方がよい。人がすることは自分もする。注意しよう。曽野綾子が云っている。


  • シェア

  • グーグル+

感性とか、品性とか2016.6.25


安いから買う人と、高いから買わないという人がいます。その逆に、高くても欲しいという人もいます。

お金がないから安いものを買う人もいます。お金があっても安いものを買う人もいます。

お金を使うことで文化が伸びると誰かが云っていました。

使うお金の多い少ないの問題ではなく、文化力が大切なんだと云われる。じゃあ文化って何かというと、生活や暮らし方、生き方、考え方、価値観、センス、感性、品性、どんどん目に見えないものになっていく。

下り坂や谷に入ったら、経済、経済と念仏みたいにとなえるだけでなくて、文化の時代ではないだろうか。お金を何に使うかで、決まってくるような気がする。

家、家具、車、服、食、遊、健康、文化、色々あるけどね。本を読んで知性を磨くことも文化力を高めてモテル自分になるというのも一つの方法。ごめん、今、本を読むよりスマホか。依存症には文化は無縁だな。せいぜいバーチャルでつながっていろです。


  • シェア

  • グーグル+

あえて買い手市場と叫ぶ2016.6.19


今年は採用していますか?という問い合わせがポツポツあって会っています。全員が社会人です。採用した人もいれば残念ながら不採用になった人もいます。どの会社も採用という出会いと退社という別れがあります。のどから手が出るくらい人が欲しい。今、ほとんどの中小企業は厳しいですから簡単に採用はできないのが現実です。特にうちは。ところが一度不採用を出した人から手紙が届き、どうしても働きたい、なんか心が動くわけです。又、採用して2日目に、父が北の国からの五郎のファンで父と一緒に何回か富良野に行きました、なんか私の心をわしづかみかよと思ったりする。小さい会社に人事部なんてあるわけがない。こんな人との出会いから採用が決まったりする。学歴やスキルなんてどうでもいい。その人の存在がたまらない存在であるかどうか。人の情動が大切だと思うけど、でも痛い思いもしますよ、それでもいいんです。


  • シェア

  • グーグル+

売手市場がいつまで続く2016.6.16


今当たり前にある職業の約半分が人工知能で代替されるという研究調査が発表になった。

野村総研と英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン教授とカールベネディクト・フレイ教授らとの共同研究からだそうだ。

「2030年から日本を考える。今から2030年の日本に備える」という研究。日本の601種類の職業について人工知能に代替されてしまう。つまり今から10~20年後、日本の労働人口の約49%の職業が人工知能ロボットに代替されるという、笑い事ではない。パソコン・スマホ・IT関連は人間でなくても良い時代。単純労働や個性のない仕事は全て人工知能やロボットに替わる。結論は人間にしかできない仕事、これしかないということ。それは我々の仕事。しかし人間にしかできない仕事を人間が嫌うという現実。技術革新は人減らし。人口がへ減るからという理由でさらに便利、簡単、早くて、安い。その先に人間はいらないという世界が待っている。いい加減これでいいじゃないかで止めた方が、実は幸せかもしれない。売手・買手などと簡単に分けてる場合かよ。


  • シェア

  • グーグル+

ヤンキーの虎に次ぐ、一匹オオカミ2016.6.14


1.孤独になると自信がつく

2.孤独になると本物が見えてくる

3.孤独になると時間が増える

4.孤独になるとお金が増える

5.孤独になると友人が変わる

6.孤独になると変化したくなる

7.孤独になると人生が変わる

8.孤独になると道が拓ける

文筆家 千田琢哉のことば。何か感じませんか?

孤独死や1人きり等々、人は暗いイメージがあり夢や希望がないように思いますが、つながりや群れることをあえてせずに、ここはじっくり一人になって考え生きていく覚悟も必要かもね。

私なんかもういい年ですから、つながりや群れよりも孤独な方がいいかも知れない。いろいろなことがうざいと感じることも多い。今週末も群れのなんとか48なんていう集団が新潟の田舎町にきて経済効果をもたらすそうですね。歴史のない町はどうしてもイベントに頼らざるを得ないことが悲しい。こんな私は総バッシングでしょうね。一匹オオカミというのもカッコいいんだよなあ。時代遅れか。


  • シェア

  • グーグル+

ある本を読んで2016.6.12


人生の先輩たちが持っている知恵は大切にすべき。

年寄りがアドバイスをしてくれるのは若者だけ。せいぜい40歳くらいまで。アドバイスを受けられるのはそんなに長くない。若いうちにいろいろ話を聞いておくことが、将来の糧となる。

成城石井の創業という本で書いてあります。この本,商売上のヒントがたくさんありました。特に、選ばれる理由・選ぶ理由は、私達の永遠のテーマである、誰に何をどのように、という考えをさらに強く感じる。どんなに時代が変わっても、変えてはならない事がある。それが何かを明確にすることも大切。


  • シェア

  • グーグル+

日常のルーティン 決して五郎丸のことではない2016.6.7


iPhoneを開発したスティーブジョブズは、自分の子供にはiPhoneの使用を厳しく制限していたのは有名だそうです。わかるような気がする。「世界」は小さな画面の中にはないことを、そこにあるのは洪水のような「点の情報」に過ぎない。つまり、生きていくためには実体験や失敗を通じ、悩んだり考えたりする力が必要だということ。考えて表現する能力が求められる。スマホから顔を上げ、人に面と向かい会話をする。こんな人間としてあたり前のことが日常の生活の中からどんどんなくなっていくとすれば恐ろしいことになるのではないかと。仕事をする上で要求されることが日々の何気ない習慣で身に付きにくくなる。と、福澤歳也さんがいっている。私もそう思う。


  • シェア

  • グーグル+

トヤノネーバーフッド2016.6.5


S.H.S鳥屋野にバック専門店のドーラさんに続き、昨日4日、眠家さんがオープンしました。

小売業をとことん追求しようとする仲間たちです。衣食住、知、美、健、遊、と7つのキーワードを現実するための第二段階です。ゴールなき挑戦です。

S.H.Sの家具、インテリア小売は引き算をしていますが、トヤノネイバーフッドは足し算をしています。矛盾する考え方もありです。その先には、半径100㎞200㎞先からも、鳥屋野ネイバーフッドを目指して来ていただきたいからです。県内県外どこの地域にも1%ぐらい私達の店が、いいね、という生活者がいるということを信じてやり続けることが、マスコミが取り上げなくとも100年続けることを目標にしようじゃないか、皆、大変だぞ。

 


  • シェア

  • グーグル+

群れから離れるということ2016.6.3


隣の花屋の仁ちゃんと話していると、よくこの“群れる”ということが話題になります。人は弱いから群れたがる。そして群れるとその中で無意識にボスが生まれる。そしてそのチームのルールができる。強い者が弱い者を支配する。人間の本能で逆らうことができない。友達と仲間を混同してしまう。仕事友達とは言わない。仕事仲間である。そこには厳しさがベースにある。だからやさしくできる。やさしさは弱さにはつながらない。そして喧嘩ができる。しかも喧嘩の後、さらに深くつながる。今は二度と口をききたくないという意識が強いかも知れない。でも、群れから離れると全てを許せるようになるでしょう。許すのはものすごく難しい。


  • シェア

  • グーグル+