社長ブログ

社長ブログ

不毛な価格競争、安さの裏側。2016.2.29


春から値上げしますというメーカーの連絡が入ると一瞬、ふざけるなと思う。

ですがこの20年、コスト、コストと云い安さを売りの小売業が全国チェーンに成り上ったり、一流企業として評価されたり。世の中の価格競争だの価格破壊だの、セールもただのセールではなく最大70%オフだの、安いよ安いよどんどん買って、ここまで値下げします、プレゼントします等々やりすぎてきたせいか、あっという間に働く人の3人に1人が非正規社員という現実。価格破壊から生活破壊になって、人間破壊になってしまったというような事を「ガラパゴス」という小説で相場さんが書いている。私も相場さんも極端かも知れませんが、安さの追求は日本人にものをつくらせないということ、安い人件費の国で大量につくって大量に売る、その小売りの現場あるいは製造の現場は、人件費というコストをいかにおさえるかが会社の存続に大きく影響してくるし経営の基本みたいな言い方。不毛な価格競争は人間の本質を壊してしまう。ですから値上げはある意味大切なことかも知れない。売りにくいものを売る力、品質の高いものは価格が高い。日本人がつくったものは値段が高い。こういった物を販売するには今まで以上に扱う人自身の質も問われるようになる。“おもてなし”だけで納得してもらえるなんて甘い、ということ。皆わかっているけど、より安くより便利、より簡単な損得で動いてしまう。その結果、本当に大切なものを失ってしまう。これ前にも書きましたが、物事の両極性ということだと思う。損得で生きるも良し、否定はしません。


  • シェア

  • グーグル+

立ち上げるということの違和感2016.2.28


始めたばっかりの小さな店にはなかなかお客様は来てくれない。

一時的にお客様が増え、売上も上がったかなと思ってもなかなか思い通りにいかない。

これ、私の経験です。

商売でもなんでも、いま立ち上げるという言い方をしますが、全く立ち上がっていないんです。どん底を這いずり回って、夢をあきらめず、年中無休を10年あるいは20年と続けて、やっと成り立つ商売人が1000人に1人といわれる。そんな世界に、よく立ち上げるなどと言って何かをやる人がいるものだなあと感じたり。それでなんとなく活気が出てきたなどと手をたたいたりする人がいても、実は他人事だからですよ。

だから、群れつくって仲良く好きなことを仕事にして生きていきたいという人もいるのでしょうね。

孤独になって道をみつけるのも、群れつくって道をみつけるのもどっちでもいいけど、立ち上げるなんて簡単に使わない方がいいかも知れない。

大きなお世話、でしたね。


  • シェア

  • グーグル+

義と欲2016.2.15


最近政治に携わる人、法律をつくる責任のある政治家に、普通以下あるいはバカが多くなっている。と感じている人は私だけでないと思います。真田三代という小説を読むと、たった600年ぐらい前、日本の武士は互いに殺し合いをしていた。日本人同士でね。今の時代考えられないでしょう。人間はいろいろな欲をもっています。どんな法律をつくっても、つくる人間が欲のかたまりだとするとどうにもならない気がしてくる。ただ、その反対に義という価値観もある。特に権力を握るとやりたい放題。それは昔も今も人間の性で変わらない。歴史を知るということは、人間の生きざまを知ることにつながる。だからこを、自分はどんな生き方をしたいのか、義なのか欲なのか、とかね。江戸時代から士農工商という日本の変わらない身分制度みたいなものが底に流れている。商人は最も身分が低い。イメージは今もあるかもしれない。しかし、商人にも讃歌があっても良いと思う。商人讃歌が自然と生まれてくるような仕事をしないとだめかもね。


  • シェア

  • グーグル+

ポジティブからネガティブ2016.2.12


今年、始めて書いています。皆様にご心配していただきありがとうございます。

人間は、時として読むこと、書くこと、食べること、話すことも嫌になることがあるものだと思いました。まさに私、です。ポジティブに考えて生きようとか、健康になる住宅とか、幸せになる人生とか、世の中は明るく楽しく生きるためにはこんな事が大切な事なんです、が大氾濫。そんな中で、今年最初に読んだ本が、浜矩子さんの「さらばアホノミクス」たまにテレビにも出演される同志社大学の教授、私と同世代。この本の中で、日本はアメリカ、中国に次ぐ世界第3位の経済大国でありながら6人に1人は貧困である。だからもっと経済を拡大して豊かになろう、じゃあ世界1位になれば本当に豊かになるのかよ、ということや日本の総生産に対し、債務(借金)が233.8%になっている。これって10億円の年商の中小企業の借金が23億3千万円もあるということ。よく日本の国はつぶれないね。いや、事実上破産しているという内容なんです。だとすると補助金なんか出して一部の産業を支援する余裕なんてどこにあるのかよ。いい加減ネガティブなところからスタートしないととんでもないことになるような気がする。こんなはずではなかった、にならないように。この本は、私にとって世の中を冷静に見ることができるかなって思った一冊でした。だから、ポジティブでもネガティブでも、どっちでもいいさ。流されないようにね。

 


  • シェア

  • グーグル+