社長ブログ

社長ブログ

仲間2015.2.15


去年の11月から仲間になった大工の片平君を紹介します。うちでは2人目の大工です。彼は新大の工学部を卒業し、神奈川県の建築会社で4年大工として仕事をしてきた学卒大工です。頭は良いと思います。少々変わっています。彼がなぜS.H.Sで仕事をしたかったか。第一は大工の土田君の存在が大きかったと思います。店の内装、長岡店の旧館の再生等々、、どんな人がこれを造ったのか強い興味があったのだろうと思います。大工さんの仕事でも、今はマニュアル化され図面通りに工期までに完成させる。スタートからゴールまで早くて簡単に効率よく物を造って、はい次へ。という流れに少しずつ疑問を持ち始めたのではないでしょうか。
土田君も当社の仕事をするようになって3年経ちますが、大工として今までやったことのない事も沢山経験したと思います。戸惑いの第一は図面がない事。思いつきで次から次へ変化していくこと。やり直しもありのなんでもありの世界だからです。でも大切なのは大工としての基本的な技術があるということなんです。仕事を選ぶ、あるいは働くということは、働く条件や待遇よりも理屈でなく、その人の心の叫びだと思います。そして憧れや好奇心、それなくして何が仕事なんだろうと思ったりします。しかもその憧れや期待は裏切られる事も多い。不条理なことも多々あるのが現実です。だからこそ基本をしっかりと身につけることの大切さを感じます。現在2人の大工は知り合いのカフェの内装工事に行っています。


  • シェア

  • グーグル+

日経新聞の記事で改めて再認識2015.2.15


桜ゴルフ社長、佐川八重子さんの言葉。
近年女性経営者の進出が目覚ましい。しかし10年生き延びている人は少ない。古い経営者は初めてお会いする時に、ビジネスをしてはいけないパーティに行って商売するなと言って育ちました。最近の女性経営者は会社を創めててすぐに仕事をもらおうとする。タメが足りない。こういう厳しい状況下で思うことは、本業をもっと掘り下げてその道の学者になること。他の追随を許さない特化したサービスや技術で景気に左右されない会社をつくることが大事。それは当たり前のことなんです。“経営とは地味な持続なり”
私のようなチンピラ男性経営者にも心に響く言葉であり考え方であると思いました。人間も他の動物と同じで、群れの中で安心を求めようとします。人脈を否定はしませんが、あえて一人になって孤独の世界の中で本業を深く掘り下げ、そこから見つける新しい何かを自分の力でつくり上げて失敗することを覚悟し、挑戦することが一番大切なような気がします。このことは経営者や従業員とかの立場ではなくて、人間として働くことの目的、あるいは本質だと思います。


  • シェア

  • グーグル+

また書きたくなりました。2015.2.11


久しぶりに書きます。
今日駐車場で誘導している時でした。お子さん連れの女性から声をかけられました。
「ブログ読んでいます」しかも「その通りだと思います」とおっしゃっていただき、ありがたいなと思うと同時にこんなこわい顔のじじぃにい声をかけるなんてものすごく勇気ある行動だと思いました。
人間は小さな事で気分が良くなり、幸せに感じる事は沢山あります。
リアルな店舗の大事な存在理由は人と人との出会い。ネットの世界ではありえない感情、しかも地元で買い物をすることによって地元にお金が落とされ、めぐりめぐってあなたのご主人が勤めている会社にもお金が回り、保育園や学校や道路や働く人すべてに幸せをもたらすわけです。
我々は地方で生きていくためにそこを愛し、どこに本社なり本店があるかわからないような社会や店がネット上で安さを武器に商品を売る。その売上というお金は地元には落ちることなくどこかへ行ってしまう。もちろん同じ物であれば安い事にこしたことはないですが、得するそしてよかった、満足したという裏には確実に負の部分が存在する。グローバルという流れはとめることはできません。しかし、時代の変化のスピードが早く、それに流されていくと地方は確実に消滅していくような気がします。
私は小売業はもはや最悪のポジションにいると何度も書いています。しかも30年後には、今当たり前に存在する事業が半分以上なくなると云われています。時代の波にあえて乗らず、自分達の得意とする事は何か、それを強くすることしかないかも知れない。目に見えるものは一瞬にしてまねされ同質化する。そこに危機感を持つことで続けていく可能性が少しはあるのかなー。それもどうだかわかりません。
未来は誰も予想できない。今を一生懸命生き、地元をとことん愛し、自分の仕事に人を愛するように愛し大事にする。働きすぎと云われてもなお、働くことが幸せにつながると信じて生きる。そこが本当はカッコイイことなのにね。暖かく包み込むような環境は簡単には手に入らない。時代がどんなに変わっても、自分の手で人の何倍も働いて手に入るものしかありがたさを感じるものはない。一年一年厳しくなっていく世の中で、人が夢と可能性を持って努力するソフトからハードな強さが必要なんだよ。


  • シェア

  • グーグル+