社長ブログ

社長ブログ

品質と愛国心をもとに2014.7.31


繊研新聞の記事で “高まる「メードインアメリカ」の動きは” という内容、非常に参考になりました。
安さと品揃えを武器に拡大しているウォールマートが、今後10年で2500億ドル分の米国製品購入を目標にする。そのことによって米国生産の動きが地域の活性化だけでなく、品質の向上、そしてなにより産業の持続可能性の動きが強く関係してくる、という内容でした。
どこよりも安くという商品開発、そして多量に売るということが巨大なチェーン店をつくりあげ、更に安く作るには、もっと安くつくれる国にシフトした結果、自国のものづくりが無くなり消滅していく例は日本でも同じことが云える。
この記事で一番響く内容は、消費者は10~60%価格が高くなっても「品質への信頼と愛国心も手伝って」米国製を購入するという。
今、アメリカも日本も品質と愛国心を基に、人々の意識がかつての大量生産・使い捨てから、リサイクル、エネルギーの節約、物を大切にする文化へと移行しつつあるなかで、大きい企業ほど自国を愛し、自国でつくり世界に売る。そして日本にお金が入るようなことは、もう無理でしょうかね。
サスティナビリティということはものすごく難しい課題でもあるということをつくづく感じます。


  • シェア

  • グーグル+

情報を捨てるセンス2014.7.30


新聞やテレビ、ウェブ等々の情報。この中には本当なのかと思うような事柄が多くて、真実を見抜き最良の決断をすることが大切になってきたなあと思う。
例えば、景気が良くなって求人が多くなり、より条件の良い会社へ人は流れ、飲食や小売、建設、物流には人手が足りない。倒産するところも出てきている等々。じゃ景気が悪い方が中小零細企業は十分な人手が足りてうまく経営がやれたのかというとそうでもない。ということは、景気が良かろうが悪かろうが関係ないということ。そもそも人手が足りない業種は体と頭を使う、特に体を使うウェイトが8~9割。今の若い人が進んで選ぶ仕事ではないかも知れない。本当は県を代表するような企業に勤められる人はほんの一握りの人で、9割以上の人は中小零細企業で体を使って生きる事を覚悟しなければならないのにそれを大人が教えてない。専門学校や大学の多さが変なエリート意識を持たせてしまったかもしれない。中小零細企業には昔も今も毎日を必死で生きるというシンプルなしかも強い意志が存在していると思いますけどいかがでしょう。
人口や産業が減ったり弱くなっていく時代に自分ができること、より役に立つにはどんな仕事で生きがい、やりがい、働きがいを自分で見つけ、汗を流し涙を流し、更に仲間と喜びを分かち合って働くという実感を感じることが大切だということを理解すべきだと思うけどね。
景気がいいのはつかの間ですよ。うかれている人はいないと思いますけど、ある意味いろいろな情報を捨てる感性も必要となっていると感じませんか。

俺にはこれしかないという生き方、
俺にはお前しかいないという生き方、
俺にはこの仕事しかないという生き方、
一つの事を必死にやればそこから色々な事が見えてくると思う。
私もまだまだ必死さが足りないとおっしゃるならばその通り。まだ64歳、もう64歳、いったりきたりしています。
情報をたくさん持っている人って頭がいいですか?
情報をたくさん持っている人って人より仕事できていますか?
どうでしょう。


  • シェア

  • グーグル+

そこそこで、いいじゃないか。2014.7.27


誰もが見向きもしないような場所だった鳥屋野の店、長岡の高畑の店、少し不便ではあるけれど自然の中にある倉庫と旅館。私たちにとっては最高の環境。しかもその土地ならではというプラスアルファ。
実は暮らす場所も同じ様な事が云えるかも知れない。大きな資本で大々的に開発された便利な場所もいいけれど、少々遠くても、少々不便でも、古い平屋や空家を通してそこそこの暮らし、とてつもなく長いローンを組まなくても家族4人ささやかな暮らし。おそらく10年後には夫婦2人の生活。自分たちで壁を塗ったり床を張ったり、直しながらも住み続ける。そして最後は土に帰る。人も家も土に帰る。ですから豊かさは色々だと思います。
私どもの小針のリノベーション住宅は、そんな暮らしの一つの提案です。もちろん古材やホームセンターの材料でつくりましたから、普通のリフォーム住宅ではありません。たった1人の人がいいねって云っていただければそれで十分です。
それと、大きなお金が動くことで経済がさも上向きになった様な流れは危険です。楽しみやおもしろい事はそんなにお金を使わなくても結構あるように思います。スモールというのは小さいということだけではなく、リスクを短く軽くということも含まれるような気がします。
どうせ田舎で住んでるんですから背伸びせず、キーワードはそこそこでいいよね。ただインテリアだけはこだわっていただきたい。私達のためにも。家ばっかりにお金をかけても、中のインテリにお金をかけなければ意味がないんじゃないかと思うけどね。


  • シェア

  • グーグル+

スマホ依存症の先は?2014.7.22


去年の7月のブログを読み返していたら、スマホ中毒を書いていました。たまたま今日の朝礼で、社員に1日何通のメールがくるか、また自分は何回メールを送っているのか、という質問をしました。スマホは依存症の恐ろしさ、特に人に接する仕事、接客業はこの依存症は大きな影響を受けると思っています。実はあなたの集中力、思考力、計画力、判断力は相当影響を受けている。人の能力は昔も今も変わりないが技術革新のおかげで情報量だけは人間のキャパシティをはるかに超えてきて、何かを決断する時、大きな影響を受けてしまっている。
もうスマホはいらない。人と同じ物は持たない、人とは違う、自分は世の中の流れに流されない。そんな生き方も精神的な幸せにつながるかもしれない。あとは、一生懸命働く。これで経済的な幸せを得られれば最高なんですが、今までの努力や考え方では仕事に対する評価はされないし難しいことだらけです。
でもまあ、仕事があるだけでも幸せと思わないと。最近悪質な事件を起こす人が無職であることが多いように感じます。働く場所があり、仕事があることは人の尊厳にかかわる事なんだよ。


  • シェア

  • グーグル+