社長ブログ

社長ブログ

老化も美しい2014.6.30


少子高齢化で老人が多くて子供が少ないということだから、確実に老化したということだよな。私のように育毛剤や増毛剤を使っても、もう2度と元には戻らない。外見の若返りはいろんなものが世の中にはあるけれど、内面や精神的な若さというのは薬を使っても何を使っても難しい。老化していく現実を、明るい未来のために女性は結婚して子供を3人産んで育ててもらい、社会に出て仕事もしてもらい、経済的にも豊かな幸せな国を作る。口で云うのは簡単。でも今すぐそれを実行してもイメージが現実になるのは30年も40年もかかる。そのころには今の50代、60代はこの世にはいないからいつまでたっても人口は減る。
今から30年前、40年前、高度成長とバブルを経験した人間はお金で幸せになれた。欲しい物が手に入り、なんなく身も心も豊かになったような気がした。今その年代は楽しんだ分将来に不安を感じている。自分達の世代を支えてくれる人口が減っているから死ぬまで働く。
それと、戦争を知らない政治家達が決めた法律で、一番人数の多い50代・60代にまずは一番最初に戦場という職場でもう一度子供、家族の為に足腰がまだ使えるうちに働いてください、1人1,000万支給します。って云われたら私は行くかもしれません。過激かなぁ。だから仕事を選ぶことができるというのは幸せなことだし、好きな人と一緒になる、好きな仕事ができることはつながっている。人を好きになることは、条件や損得ではない。でも、仕事となるとすぐ自分にとってという意識が頭をもたげてくる。幸せになることと幸せにするということは大きな大きな差がある。


  • シェア

  • グーグル+

守ることのむずかしさ2014.6.22


売らない、貸さない、壊さない、の3原則を貫き世界遺産決定の富岡製糸工場の所有者、片倉工業が年間1億円の維持管理費を18年間使ってきたという記事を読んで、再生や保存を自力でやり続けるというのは今の補助金をあてにするような流れに対しある種のカッコ良さを感じる。
また、日報のサンデー経済の政府の規制と戦ってきた秋田県の大潟村の内容も、過疎化が進む多くの市町村の中で米の大規模生産に取り組み、政府の食管理制度と戦いながら保護農政にどっぷり浸かっているような市町村より、独自の汗を流しその地域の人口が少しづつ増えている。その結果、消滅自治体リストに入っていない。
こんな2つの記事を読んでいると、ゆるキャラや集客イベントもあえて否定はしませんが、ものすごく軽く感じるのは私だけでしょうか。利便性を犠牲にしてもその地域にしかないものをみつけ、その地域の暮らしの手触りやその地域にとって大切なことを、今自分が携わっている仕事を通じて何十年もやり続けてく、必ず見つかる気がする。損得、ラッキー、アンラッキー、そんな一時的な事でなく、国や県や市の補助金を利用するのではなく自分たちの力で、そして自分たちの手で理想を抱き、小さくても苦しくともやり続ける意思が大事だと思います。
商売も人間の命と同じでいずれ寿命というのがあるとすれば、最後の最後まで流れに流されず生きる事、でも死は怖いです。


  • シェア

  • グーグル+

仕事をすること2014.6.6


商売を続けていると何度も苦しい事を経験します。そんな時、7年くらい前に戦わない経営という本に出会って事あるごとに読み返しています。
与えられた時間を意識するとそれはそんなに長くない。しかもそれはたった1回きり、たった1回しかない、そんな大切な時間の中で最も大きな割合を占めるのは仕事の時間。だからその仕事がつまらなかったら人生はかなり楽しくない。事がうまくいくから楽しいのでなく、誰でもできることを誰もやらないくらいやることで楽しくなることを感じてみるとか、人が10回やるんだったら100回やってみるとか、1年やるんだったら10年通してみるとか、実は特別な能力や才能ではなくて、自分の問題であり、当たり前の事を特別な事にする。ですから10年経ったら20年、30年と続けていくとやっと何かつかめるかも知れない。

今、就職活動をしている学生さん、何十社もエントリーシートを出して手当たり次第受けることを否定はしません。しかし、社会には大きく分けると、製造・販売・運送・サービス、4つ位しかないんだよね。新潟を代表する大手企業は大体内定が決まって、これからは中小零細企業の求人だと思います。我々の会社は男性1人、女性1人位しか求人していません。現実はそんなもんなんです。くそみたいな情報やあってもなくてもどうでも良いような事に右往左往しないこと。学校でも社会でも会社でも人が作りだすものには必ず不条理な事がつきものです。これは昔も今もこれからも変わらない。ブラックだのホワイトだと区別している時間があったら浜口隆則さんが書いた「戦わない経営」は123ページしかありませんが、生きていくためのヒントが沢山あります。これを読んでもわからない人は一生マニュアルで生きていけばいい。専門学校や大学を出ても必ずしもバラ色とは限らない。だからおもしろいし楽しいんですよ。それから、学校出たら女子や男子でなく、女性であり男性なんですよ。〇〇女子や〇〇男子っていうのは最近の幼さの表れだと思う。いつになったら女性や男性になるの?


  • シェア

  • グーグル+