社長ブログ

社長ブログ

街の中の小さな街づくり2013.7.28


大きな都市開発や商業モールとは違う街づくりの一歩は、たまたま見つけたとか、なんとなくいい感じなど、気持ちが動くことによりゆっくりとできていく。街であり地域であるような気がする。結果そこに住みたくなる。決して便利だからという理由が第一にくるのではなくて、自然と共存しながら生活ができれば幸せに感じられるというような。人間が全てを支配し、人間にとってもっと便利に、もっと豊かにという概念を改めて自然と共生し、我慢すべきことは我慢をすることも必要かもしれません。経済主義から生活主義、小売りに適した場所を求めるのではなくて、自然の中で時間を過ごしてもらう、また来てみたくなる。森があり、沼があり、公園があり、犬と散歩できる道があり、子供と遊ぶ広場があり、図書館があり。仕事の場と生活の場が一緒である時の過ごし方が人間本来の生きることの素晴らしさではないでしょうか。働く場が住む場所と近いとか、住む場所で仕事をすればいい、これほど幸せなことはないんじゃあないですか。給料が多い、少ないよりも大切かもね。少ないなりの生活をすればいいし、もっともっと何かを得たいのであれば、もっともっと好きな仕事を頑張ればいい、シンプルに考えてみるのも大事です。人間は自分にとって有利な条件だけで何を決めている訳ではないし、損得だけで生きている訳でもない。生きがいや働き甲斐、そして誰かのためにみたいな気持ちを強く持っているはずです。不便さの中の快適、古くからあるので安心とか歴史を感じる信頼感とか。次から次へ新しいものに飛びつかないとか。古くて正しくて美しいことみたいなことも少し見つめてみることも大切かもね。街の中の小さな街づくりは、自分はなぜこの場所を選んで生きたいのか。何のためにこの仕事をこの場所でするのか、もう一度見つめ直すことが大切かも知れない。


  • シェア

  • グーグル+

再生とは当たり前のこと2013.7.22


すばらしい接客やセールやイベントを打ってお客様を増やし経営を成り立たせるだけが全てではなくて、もっと大事な事は、新潟あるいは長岡という町そのものがすきであるかどうか、更に人が集まっている所へ出店することから、こんな場所だけれどここに人を集めるためにはどうしたらいいのか、その場所に対する愛情があるかどうか、人の何百倍の熱い思いがあるかどうか。要は自分が本当にそこが好きかどうかが一番大切だと思います。しかし思いさえあればそれが可能にするわけではなくて静かに四季を通じ、10年、20年、30年とあくなき執念と時代の変化に応じて変えていく。店はつくって商品を並べてプライスをつけて接客して販売するという単純な事ではないように思います。リバースであり、リノベーションでありDIYであり、企画であり編集であり。頭の痛いことだらけですが、すべては物も事も人も再生し続けていくプロセスがお客様の心を動かすことになるのではないでしょうか。いつも若いスタッフに云います。今やり続けていることが嫌なら辞めればいいと。なにも変えられない、変えようとしない現状のままで楽しく面白く生きれればいいなんて思って生きている若い人がいるとしたら人生もったいない。モノもコトもヒトも再び生まれ変わると、再び生きようとすること。再生とは変化し続けることなんですよね。ですからこれが嫌なら辞めればいいのです。おかしいですがやっと気づきだしたスタッフが増えています。幸せです。


  • シェア

  • グーグル+

デジタルからアナログへ2013.7.19


欲しい物はいつでもどこでも簡単に手に入る。喜びも楽しみも快楽も簡単に手に入ってしまう状況。そしてその中から選んでそれで終わり。これって便利ではあるけど不快な感じがします。最近、20年前の車を4か月かけて直して乗り始めました。実は不便だけど快適なんです。根っから再生することが生きがいですから、新しい車は全く興味がないんです。この感覚って車を買うというより創るという感じなんです。店も再生し続けています。古いから次から次と痛む。痛んだら直すの繰り返しです。先端技術を使った新しい店舗の形だけでなく「人とつながる」「人をつなげる」といった形も今後大切になり、そこで改めてデジタルからアナログへと方向が変わる気がします。色々な事が進みすぎて人が置き去りになっている気がする。スマホ中毒はその代表格です。流れを止めることはできない。一度便利なものを手にしたら離せない、わかります。でも、あふれる情報の中から、モノからコト、コトからココロ→ヒト。マチ、ミセ、ヒトであり企画や編集ができる1人1人であることが大切だと思うのですが、いかがでしょうか。


  • シェア

  • グーグル+

鳥屋野組を立ち上げるということ2013.7.5


量や規模の拡大だけを目指すことが人の暮らしを幸せにするのだろうか。心の豊かさにつながるのだろうか。

様々な矛盾やゆがみがあちこちで多発的に起きはじめ、グローバルとか革新的な事が達成されれば豊かで幸せになるのではないかといったことが当たり前になってきている。特に田舎に生きる我々にとってなんだかそんなことに対し疑問を持っている人も少なからず増えていると思っています。ですから作り手や売り手が従来の点での活動から新しい組をつくり未来へつながる枠組みをつくる時が来たように思います。ライフ、ロケーション、サービスが主なテーマです。しかも、古くて、正しくて、美しく、かっこよい。メンバーは今のところ、WPPC、アズトリック、Pデザイン研究所、S.H.S。空家、古屋の再生や、その他、町の中心ではなくて田舎が中心になるかもしれません。自然との共生も大きな夢です。


  • シェア

  • グーグル+

古いこと、正しいこと、美しいこと2013.7.5


選挙戦がスタートして、政治屋さんたちが動き出しました。だからというわけではないですが、今、吉田松陰にのめり込んでいます。時代が大きく変わる時に現れた武士であり思想家。不安と生きるか理想に死ぬかとか、自分は人を疑い続けてうまくやるよりも、人を信じ続けて馬鹿を見る男になりたい。そして時代の常識をことごとく破る等々の名言はかっこいい「覚悟の磨き方」という本です。一気に読み終わりました。江戸時代の終わりに30歳で死んだ吉田松陰。人生50年しかない時代。15歳で元服、寿命が短ければそれなりに濃い生き方もできるという証です。現代はある就職を支援する会社の方が言っていました。20歳の成人は6歳引いてください。精神は14歳ですと。ですから手取り足取りお仕事をお世話いたします。ですから30歳でやっと30年前の24歳位の意識でしょうか。などとわかる気がします。なまじっか寿命が長いということがこんな所にも生き方の濃さに現れているのかなー。歴史を変えた、あるいは歴史が変わった時の先人の思いや考え方、行動から今を見る。理解し考えて行動する。実は、古いこと、正しいこと、美しいこと、大切に思います。

 


  • シェア

  • グーグル+