社長ブログ

社長ブログ

仕事をすることは生き方や考え方2013.4.20


長年お世話になっているスタイリストさんの倉庫スタジオの改装お手伝いをさせてもらっています。もうすぐ完成です。例によって図面はありません。古い倉庫の中に入って、見たり、感じたりして土田君と相談しながら大部分勝手にやらせてもらいました。土田君は長岡店旧館の1年半におよぶリノベーションからずーっと店の改装をやり続けて、今回スタイリストのスタジオ仕事にじじぃの私と若い土田君で好きなようにやらせてもらった次第です。完成したらホームページでみてください。どうしても米軍基地のようになってしまいます。まあ、いいかです。喜んでもらえれば。一番の幸せはおまかせしますという一言なんですね。やりがいがあるのは細かなことも大事ですがもっと大事なことは期待していますという一言、めったにないことでしょう。精一杯やろうぜと思うから不思議です。

この4月、私の会社に勤めたいという若い人が面接にきます。一人一人会います。皆さん優秀な人です。今いるうちの社員よりも優秀かも知れません。一つだけ足りないのが何でも努力します、何でもやらせてください、一生懸命頑張ります。これで十分なんです。でも私の今もっている能力がきっと会社の何かの役立つと思いますという返事が多くて、うちじゃ無理だなと思ってしまう。自分を過大評価するのは結構。でもね、過小評価も大切だな。仕事は売り込みの時代は終わってしまっていることに気づかない人が多い。特に自分を売り込めなんて考え方はとうの昔に終わっている。じゃ何を評価してもらったらいいのだろうか。それは人によって様々だと思う。私は人は生まれてから今日まで、どんなことが嬉しかったか、悲しかったか、苦しかったか、どんなことに挑戦したか、失敗したか、成功したことより失敗したことの方が大切であるとか。ずーっと大切にしてきたことはどんなことか。誰に感謝しているのか、そしてこれからどんな生き方をしたいか、その為にこの仕事は自分にとって一生続けてみたい仕事なのかどうかとか。この会社はどんな人がどんな気持ちで生きているのか。そしてここで生きている人だったら一緒に泣いたり笑ったりして頼りになる仲間ができそうだ、又仲間から頼りになる自分になれそうだとか。要は自分を自分でほめてはいかんのだよ。若者よ、どう思う。


  • シェア

  • グーグル+

直すことのやさしさ2013.4.14


家具をお届けすると古くなって使わないソファやキャビネット、チェアその他様々な物を引き取って処分します。私どもで以前販売した懐かしいものがあったり、まだ修理すれば使えそうな物、他社で買われよくここまで大切に使いこまれたなぁと思う物。そのひとつひとつにその家族の暮らし方が見えてきます。また、かわいそうにと思うこともあります。人の傾向としては安い商品であればあるほど無残な状態になっています。どうせ安いからという理由もあるでしょうけど手入れすらされない。世の中に一生ものなんてありません。でもせめて結婚や新築や新入学、色々な人の人生の記念日にそろえる暮らしにはすこし無理をしてでもという気持ち、大切ではないでしょうか。そうすると自然に大切にしようという気持ちになります。その結果、一生少なくとも永く使っていこうという愛が生まれます。それがその人のセンスであり感性なんですね。誰でも胸に手を当ててみると一つや二つ思い当たる節がありませんか?

S.H.Sも反省すべき点が沢山あります。永く使っていただける品質の良い物は当然価格も高いはずです。お客様のイメージされる品質と価格とデザインとの間にはまだまだ大きな差があります。お客様の求めている品質と価格を提案し、数年でだめになる商品も中にはあることも事実です。でも修理してでも永く使っていただけたら嬉しいと思っています。何故なら私は30年以上アメリカの1960年代の家具、イギリスのアンティーク、デンマークのビンテージを直して販売してきているからです。日本の家具でも50~60年前からずーっと大切に家具を使っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。修理依頼も多いです。引き取った家具の処分にはお金がかかります。本当は直して使えたらと思うのですが安く作って安く販売されたものはやっぱり直せません。修理代の方が高いからです。そうすると新しい物を買った方が良いという。そしてまた安い物に手を出してしまう。損得という次元で考えないことです。・・無理かもね。全国をまたにかけて出店する店が多いですからそれが当たり前になてきますね。価格破壊、自然破壊、人生破壊にならない様に努力していかないと。お父さんの給料破壊につながることもお忘れなく。


  • シェア

  • グーグル+

森を守る、自然を守ることが人間を守ることになる2013.4.13


飛騨高山の家具製造メーカーの中に、山に木を植えながら家具を製造している会社があります。ペレットストーブのペレットも森の間伐材をペレットに加工して燃料にして使う。これは森を守るほんの一例です。森を守ること、自然を守ることは人や動物を守ることにつながる。自然より人間のほうが優れていて、人間のために都合よく利用していくと自然から大きなしっぺ返しを受けます。しかも自然に対し人間は、資源という言葉を使って好きなように使うし、環境という言葉を使って人間を中心に自然があるような云い方をしたりします。ですから限りある資源を大切に使うとか、人間にとってより良い環境を、とかいう考え方はすべて中心に人間を置いて考えている。

田んぼや畑がどんどん宅地にされ新築の住宅がつくられ、ショッピングセンターができスーパーができ新しい町ができていく。人々は大勢移住していきます。根底には経済というお金が存在します。コンビニは100mごとにでき、ドラッグストアもでき、蔦谷ができ、病院や学校ができ、人間にとって快適な環境ができてきます。当然今まで町の中心まで行って買物をしていた人々も行かなくてよくなり、行く必要もなくなります。百貨店がなくなり、高い土地、高い家賃、高い固定資産税。コンビニやドラッグストアはどんどん郊外に出ていきます。どこにもないモノやコトを表現しない限り、人間はわざわざ行かなくなります。全ては人が作ってしまった、ということ。人間にとってもっと便利でしかも豊かに暮らすことを追求すればするほど、新しく開発したり発明をする。当然その中には失う物も大きいはずです。きれいな水ときれいな空気、そして太陽。自然の恵みがあって我々が口にする食物が安心していただける。主役は自然であって人間ではない。人間のもっともっとの身勝手さに自然は怒りを覚えているかもしれない。

それと、スクラップアンドビルドという考え方や行動、これはもう限界でしょう。リサイクルショップから始めた私のモットーは、ひろう・もらう・かりるです。店は古い倉庫を直し、古い旅館を直して使い続けています。スクラップアンドビルドではなくて、リサイクルやリノベーション等々が特別なことではなくスタンダードにしないとダメかもね。昔は古着も抵抗があったし、中古車も抵抗あったし、古道具も抵抗あった。でもだんだん抵抗が無い感じでしょう。今は家ですよ。古屋、空家、直して住むことになんの抵抗もない時代が目の前にきていると思いますけどね。築何十年経っていようがいいじゃないですか。自分が気に入れば。なにが心配なんだろう。修理代、安心、強度、いろいろ挙げれば住めないでしょう。簡単です。自分で直して住み続ける。そうすると直す技術が身に付きます。お父さんはすごいって子供から云われます。お父さんやお母さんの株が上がります。これは家族内の株高です。そして幸せの株が上がります。最後は自然にもどる材料使ってさ、自然に返しましょうよ。


  • シェア

  • グーグル+

安くて良い物の呪縛2013.4.12


安くて良い物を提供することに限界が来ているように思います。何故なら、安い労働力を使うことが前提になる。中国やミャンマー、ベトナム、タイ、そして最後はアフリカ。そこでやっと気が付く。もうこの地球には安い労働力は存在しないことに。しかも日本には生産工場はひとつも存在しないことにも。極端な話をしました。でも、こんな20世紀型の安くて良い物を大量に作っていく拡大は、本当に限界にきていると思いますけど、どうでしょう。

限度をこえた安さは長持ちしない製品であり、安くて良いのは当たり前でしょうという消費者に何とか答えようとする。サービスの質が高くなるはずはない。でも、努力して、また安くて良い物を大量に、という努力をしてしまう。幸せでもなんでもないことに気づいているけどしょうがない。価値と価格を一緒にしてしまう考え方がまかり通っていく。

又、お得感でお客様を集めようとする競争も限界が来ている。本物というより本質は何かが大切だし、これだけ物と情報があふれている時代、他との違いを打ち出すことも大切だし。わかっちゃいるけど難しい。大きいから強い、小さいから弱い訳でもなさそうだし。だからこそ、可能性があるとすれば、世の中の流れに逆らうことかも知れない。


  • シェア

  • グーグル+

まち、みせ、ひと2013.4.7


どこで、どんな、“みせ”をつくり、どんな、ヒトに足を運んでもらうか。しかも、大きなショッピングモールではないけれど、その店のまわりだったら住みたいなーと思ってもらい、結婚して、子供を産んで、育てられたら幸せだなぁと思う“まち”になったらうれしい。その場所が中心部であろうが郊外であろうがどっちでも良いと思います。

私達はたまたま出会った場所が鳥屋野や高畑がここぞという場であったことはいうまでもありません。10年、20年、30年、いや、100年続けていけるモノ、コト、ヒトをめざそうとしています。理想かも知れません。現実との間には、ものすごくギャップがあります。しかし、理想に一歩でも近づくことが大切だとも思います。

鳥屋野店は半年前から内装に手を入れています。時間を忘れてしまうような空間を目指しています。お客様の評価はわかりません。しかし、お客様の滞在時間は前より長くなったように感じます。すると外側が気になります。終わりのない店の手直しが続くと思います。自然の中に佇むように存在する。決して近代的でおしゃれな建物でなくとも目を向けて手を入れ続けることによって人の思いが入ります。時代がどんなに変わっても、変えていいところと、変えてはいけないところがあるのかも。そして、ふと気づいたらもう30年か50年か100年経ったのかが理想です。100年続けることは3代続けるということですから、並大抵ではないと思います。私はまだ創業して30年ちょっとです。まだまだです。

来年は消費税が上がります。2年連続で上がります。未来は予想できない。だからといって消費税が上がる前、こうしようとかああしようととかは一つのキッカケとしては大切でしょうが、一番大切なことはお金を使うということだと思います。ただ残念なことにモノがあふれ、コトがあふれ、お金を払ってまで欲しいモノ、コトがない。消費しなくともスマホがあればなんでもわかる厄介な物が発明されたため、人が動かなくても知った気になってしまうし、他人の使用体験で買う買わないを判断したり、ものすごくリアリティに欠けているにも関わらず知った気になってしまう。だからディズニーランドはすごい。入場料上げても過去最高の入場者数とか。本屋に行くとディズニー本がたくさんある。参考にはなるけどまねできない。心を動かすオンリーワンであり、ナンバーワンだということですね。私のような60を過ぎた人間はディズニーランドではなく、木造平屋、築50年の箱の方がワクワクドキドキします。だって、どう直そうかな、ですから。車も古い、家も古い、服も30代から変わらない。流れに乗らない、波には乗りたい。常識を疑う。表面的なやさしさは出さない。涙にはだまされない。絆という言葉ももう使わない。みんなちょっと書き出してみようか。まぁ、意味ないかな。年を重ねるごとに増していく大切なモノやコトになれれば幸いです。

 


  • シェア

  • グーグル+