ブログ

眠る時間を心地良く

2020.07.10

SHS店内にて、家づくりに関する相談を行っている住まいネットラウンジさんが発行しているフリーペーパー、『LOUNGE』。

最新号の特集は「ねむる。」ということで、今日から始められる快眠のためのアイデアを紹介しています。

眠る前の時間の過ごし方が快眠のためのポイントだそうです。SHS店内にて配布していますので、ぜひご覧ください。

こちらを読んで眠る環境について考えて頂いた方へ、長岡店からおすすめしたい、快眠に直結するアイテムや選び方を今回はお話ししたいと思います。

ぐっすりと眠るためには、まず自分に合ったマットレスを選ぶことが大切です。

例えば自分にとってかたすぎるものは血流を止めてしまい、翌朝の体のしびれや痛みの原因になります。

逆に柔らかすぎるものは寝返りがスムーズにできず、眠りが浅くなる可能性があります。

自分に合ったマットレス選びは、実際にお店で寝て試してみて気持ちがいいもの、というのが大前提。

このとき重要なのはマットレスに座ってかたさを確かめるのではなく、しっかりと寝る姿勢で試すことです。

腰かけるだけでは体重がそこに集中してしまい、正しいかたさを体感することはできません。横になり、寝返りのしやすさもチェックしてみてください。

また、マットレスが決まったらぜひ枕も一緒に試してください。枕の合う合わないも、マットレスがどんなものかによって変わります。

SHS長岡店では自信を持っておすすめする2ブランドのマットレスを取り扱っています。

ひとつは多くのホテルで採用されていることで知られるシモンズ。

「ホテルに置いてあったものがすごく良かったから自宅にも…」とご来店される方もいらっしゃいます。

マットレス内部にたくさんのスプリングが配置され、体のパーツそれぞれに沿った反発力で支えてくれます。

もうひとつはドイツのマットレスブランド、シェララフィア。

独自開発したゲルテックスという素材はぴったりと体にフィットする寝心地で、軽いので女性でも簡単に動かすことができます。

マットレスやベッド下の空間は湿気がたまりやすいので、1カ月に1回程度マットレスを壁などに

立て掛けておくことでカビの繁殖などを防ぐことができ、長く清潔に使うことができるのです。

2ブランドとも数種類のマットレスを店頭でお試し頂けます。

そして寝室の雰囲気作りのベースとなるベッドフレームもおすすめを取り揃えています。

ヘッドボードの素材は数種類の中からお選び頂けます。ドレッサーやデスクなど他の家具を寝室に置いている場合は同じ木材を選ぶことで

お部屋に統一感が出るのでおすすめです。塗装を選べるものもあり、麻などのナチュラルな雰囲気の寝具はオイル仕上げの家具とよく合います。

寝室は今日の疲れを癒し、明日の元気をチャージする大切な場所。

アイテム選びのポイントを押さえつつ、楽しみながらお買い物をしてください。

© Copyright 2017 S.H.S All rights Reserved