ブログ

ローダイニングについて語らせてください その4

2020.05.26

ローダイニング特集、最後にご紹介するのはこちら、

『geppo(ゲッポ)』シリーズです。

geppoはローダイニングよりも少し高め。ローダイニングほど低いのはちょっと慣れないから不安・・・という方にもおすすめです。

テーブル天板は片側の奥行が広くなった変形タイプ、脚は木の枝のような形状をしています。

二本脚のテーブルは出入りがしやすいことは以前のブログでお話しましたが、じつはデザイン的にもいいアクセントになってくれるので、

家具がスタンダードなデザインのものばかりというお部屋にもぜひ取り入れて頂きたいです。

シンプルな長方形天板、四本脚タイプもありますので、お好みでお選びください。

こちらのシリーズのチェアはどんな年代の方にも座り心地に定評があり、当店の人気アイテムです。

低めの座面で足はしっかりと床についてリラックスでき、さりげない肘かけは綺麗にカーブがつけられ、

腕を置くと気持ちよくフィットしてくれます。

この座り心地の良さで食卓に長居してしまうような、そんな椅子です。

テーブル、チェアともにどの角度から見ても綺麗なラインで、職人さんの技術の高さをデザインからも感じることができます。

後ろ姿も素敵なので、ぜひ店頭でご覧ください。

チェアの張地はたくさんある生地の中からお好きなものをお選びいただけます。

お好きな生地に撥水加工を施すこともできます。

前回のブログで革のメリットとしてサッと拭けることを挙げましたが、

こちらのチェアに撥水加工を施した場合も同じように扱って頂けます。

家族でテレビを見るときなど、ソファに座る人とダイニングチェアに座る人がいたりしませんか?

そんなときはやっぱりダイニングチェアは食事のとき以外でもくつろげるものを選んでいただくのがベストです。

肘掛けがあり、広めの座面のものがおすすめです。

geppoシリーズはベンチにも背もたれがあるので、リビングにソファがある方も第二のソファにしてみるのはいかがでしょうか。

気軽に動かせるので、おうちのお好きな場所に移動してお使いください。

4回にわたってローダイニングについてお話させていただきました。

ローダイニングは家族がゆっくり団らんできる居場所づくりのアイデアのひとつです。

リビングとダイニング、テーブルが分かれていてもひとつでも、大切なのはゆっくりと食事と会話が楽しめる空間をつくることです。

ぜひ私たちにサポートさせてください。

© Copyright 2017 S.H.S All rights Reserved