ブログ

お客様

2012.01.24

米軍の払い下げ家具やアメリカユーズド家具を主に取り扱っていた頃のお客様は、お客様ご自身がアメリカの60~70年代の暮らしに憧れを持っていて、映画や音楽、ファッション等々トータルで好きという人が多くいらっしゃいました。私もお金が無くて国内の米軍基地しか回れなかった時代ですから基地内のハウスの様子などをお話しすると非常に喜んでいただけたものでした。したがって私もお客様も気持ちが一緒になり家具以外のアメ車の事で時間を忘れてしまう事もしばしば。そんな事を通じてつながってしまうものですから家具の話はひとつもしていないのに突然「ちっとキズがあんなぁ、ここ。この辺色がムラだな。・・まぁいっか、届けてくれる? 今すぐ。」“え”なんですよ。「ホントにこれでいいんですか?」って思わず聞き返したこともありました。

突然の納品で伺う時はお客様に手伝ってもらって部屋へ運んだりするんです。重い家具私1人で持てませんから。そうすると慣れないお客様と運ぶので壁や柱に家具をぶつけてしまう。当然傷つきます。「ま、しょうがないか」って許してもらったり。引きずって床にキズつけても「ま、いいか」って、そんなお客様が多くて助かりました。すごくいい時代でした。許していただける時代があったんです。でもそれに甘え調子にのっていましたら「私は絶対にあなたを許さないから」という声もたくさんいただきました。どちらが多かったかわかりません。只々、助けていただいたということです。現在は念には念を入れ、注意を払い配達及び納品をさせていただいています。それでもたまに不注意からお客様にお叱りをいただくこともあるのが現実です。申し訳ありません。今まで以上に努力いたします。

先日、昔からのお客様に取材のお願いでご連絡したことがありました。「ちょっとお願いがあるんですけど・・」と申し上げるとお客様はすかさず「お金?」っておっしゃる。最高でしょう!「いやいや、取材のお願いなんですけど」とお伝えすると「なーんだ、お金じゃないの。」ですよ。私嬉しくってお客様と一緒に笑ってしまったんです。私のことを何年経っても心配していただいている。
昔からのお客様の中にはずーっと心配していただいている方がいてくださる。長く続けることは辛いこと、苦しいこと、嬉しくて最高っ!と思わず声を出してしまうくらいのこと、色々なことがあります。商売を超えて損得抜きでお付き合いいただける人にお会いできるってグーッとくることではないでしょうか。なんだか過去のことばかり話してますが先のことは誰もわからないじゃないですか。やっぱり、過去・現在・未来だと思っています。

© Copyright 2017 S.H.S All rights Reserved