社長ブログ

社長ブログ

中小企業10社あったら、10通りのドラマがある

2017.10.15

池井戸潤のドラマが始まる。私も読んだ『陸王』という小説。彼の小説はほとんど読んでいる。

何が面白いか、それは中小零細企業の経営者と、家族と社員と、銀行の物語だからです。時には自分と重ね、涙が止まらない事もあります。

大に対し小が挑戦し、何度も何度も挫折しながらも、次第に薄かった人間関係が濃くなり、喜びや苦しみや達成感を皆で共有していく。

中小零細企業の生きるヒントや、気付を与えてくれる。フィクションではあるが、勇気が湧いてくる。

私達の仕事の仲間も、一つのドラマで他人がまねできない仕事を、この仲間だったら簡単にやってのける。これが本当の仕事で、言われたからやる仕事とは天と地くらい違うんだということ。

人は一生打ち込んでみたくなる仕事に出会うことが幸せだと思う。


  • シェア

  • グーグル+