社長ブログ

社長ブログ

『お安くします』って、誰のため

2017.7.8

小売業として当たり前に使っている言葉に、疑問を投げかけてみる。

お客様が、買うか買うまいかと迷ってるときに、『お安くなっています』とか、『お買い得です』と、よく口にする。

でも、お客様は声を掛けられたとき、『ちょっと待てよ』と考えている時である。そして、売り急ぐ訳は何だろうと疑問を持つ。出した手を引っ込めるかもしれない。

”お買い得”の本当に得する人は、お客様なのか、誰なのか。

安く作って、安く売ることのできない私達は、別の考え方と別な生き方を示し、少数派でもいい、直してでも使い続けていきたいお客様のために、仕事をやらせていただければ幸せであり、続けられればもっと幸せです。

小売業から考えられる事をする。

 


  • シェア

  • グーグル+